30代女性:口を開く際の顎の違和感、痛みが改善

来店動機

日常生活を送る上で、口を開く際に顎がカクカクして、痛みが出るようになった為、当院が施術体験会を行っていたのもあり、姿勢から来ているかもと思って来院されたとのこと。

 

カウンセリング内容

痛みのでたきっかけ

元々、食いしばる癖があり、多少違和感を感じていたが、徐々に痛みが増して、開けた口がとじなかったりすることが増えたとのこと。

どのような時に痛みが出るか

会話をする程度の場合はほとんど違和感や痛みは出ないが食事やあくびなどをする際に口を大きく開けると違和感と痛みが出るとのこと。

身体所見と治療、経過

初回施術

初めに姿勢の分析を行ったところ、前傾姿勢により頚が前に突出して、首の筋肉の緊張が強くなり下顎の突出も見られた為、身体の重心を整える目的で骨盤~背骨を矯正した。

更に頸椎のアライメントを正すために特殊なローラーを用いて、頚に局所的な矯正を施した。

下顎の可動域制限が著明だった為、頚~顎周囲の筋緊張を取るように処置を行い、顎関節のバランスを整える矯正を行った。

治療後に再度、運動検査をした結果、顎の運動制限は多少改善が見られたが少し痛みが残るとのこと。

自宅での生活習慣指導として、頚に負担をかけないように枕の高さを注意し、症状の状態を確認する為に再度1週間後来院して頂くことに。

二回目施術(1週間後)

当初あった、口を開けた際の違和感、痛みは軽減されたが、大きく口を開ける際にカクカクして戻りにくくなるのと、朝の頚周りのこわばりがあるとのこと。

前回と同様、頚、顎の局所的な矯正でバランスを整え、可動域改善を行った。

また、頚周りの筋緊張が強いこともあったため、当院独自の頚、肩甲骨に対して行う体操を指導した。

患者様から痛みが一番早く改善できるといいお話があったため、週2回来て頂き、治療後のいい状態を定着させるために通院指導を行った。

 

 

12回目施術(初回から約3か月)

三か月ほど週2回来院していただき、セルフケアも必ず行っていた結果、当初の食事などでの顎の違和感、痛みがなくなり、起床時の頚周りのこわばりも軽減したとのこと。

姿勢の状態を確認した結果、重心の位置が正しくなったことにより、頚と頭に位置関係、頸椎のアライメントも改善されていた。

患者様からも、”顎の違和感はもちろん、普段立ち仕事でかなり身体に力が入ってしまい、頚肩が固まってだるさが出ていたが、姿勢から改善したことで、疲れにくくなった!”とのこと。

 

患者様からのコメント

通院して三か月ほど経ちますが、顎の痛みや違和感はすっかりなくなり、歪んでた身体も良くなり、疲れにくくなりました!

説明もとても分かりやすく丁寧で、疑問な事も気兼ねなく相談でき、不安なく治療を頑張ることが出来ました。

 

 

担当者からのコメント

治すために、一生懸命通院して、今までやることができてなかったセルフケアもしっかりクセ付けられたこともあり、早い段階で症状が改善されましたね!!

ご自身の身体の状態を知ることで、痛みや違和感を未然に防ぎ、しっかりご自身でお身体が良く出来るように今後も頑張っていきましょう!!!

また、何かお困りのことがありましたら、いつでも当院にいらしてくださいね!

スタッフ一同おまちしてますね!

 

顎関節症について詳しくはこちら

顎関節症